品質管理

第一号店の開店から今日まで、お店の数は増えても、私達の考え方は一貫しています。
それは、「どんどんの看板を掲げるお店なら、いつ、どこで食べても同じ味である事」。
お客様の信頼と期待を裏切らないことこそ、チェーン店の最大の使命であると考えます。
その考えをつきすすめかたちにしたので、萩にある「セントラルキッチン」です。ここは、「どんどん」の店舗展開の要となる戦略拠点です。
麺はもちろん、様々な食材はどんどんの工場、「セントラルキッチン」にてつくられ、常に安定した「食」を各店舗に毎日配送しています。

セントラルキッチン

「どんどん」では、全店の味・品質の統一を徹底するため、製麺方法から具材の味付け、また野菜の切り方まできめ細かくレシピを定め、「セントラルキッチン」でシステマティックに加工しています。コストや労力の削減のみが目的ではなく、将来を見据えた設備投資なのです。

「どんどん」には、若手社員からパートスタッフまで、誰でも手軽に調理できるレシピが整っています。しかし、それは調理の手間を簡略化するためのものでは有りません。変わらぬ“おいしさ”を一人でも多くのお客様に提供するために欠かせない、味と品質を徹底管理する仕組みの一つなのです。
「どんどん」のセントラルキッチンシステムの導入は、そうした品質管理の考え方をさらに一歩進めたものです。今ではチェーン店の要として、主要食材を各店に提供する役割を担うとともに、新規出店の際の補給基地となるとものです。

ck

「セントラルキッチン」では、調理スタッフが、うどんやどんぶり用の具材の調理や野菜の下処理などを行っています。施設内は常に室温が一定に保たれ、特に鮮度管理や衛生面の管理は厳しく行っています。調理された食材はすぐに冷却され、冷凍、冷蔵、低温と温度帯別に分けられた保冷倉庫に保管されます。配送先店舗別に仕分けされた食材は、その日のうちに出荷され、各店に運ばれます。

ck