どんどんのこれが知りたかった!

釜あげうどん

既製品の麺は使わない。生麺を自前でつくり、丁寧にゆであげること。注文があってすぐに商品を出すためには、来客数を予測し、お客様が席に着かれる前から注文を見込んで、麺をゆで始めなければなりません。一度ゆがいた麺をあたため直すことはしません。予測がはずれれば、麺を棄てることになります。毎日食べて頂く味だからこそ、 手間を惜しみません。

飽きのこない味

「どんどん」の味に派手さはありません。うどんは日本人の国民食。「毎日食べても飽きのこない味」こそ、「どんどん」の追求する究極の“おいしさ”です。“いつもの味”だからこそ、素材には徹底して気を配ります。「混ぜ物のない、より自然に近い物は、身体にいい。身体にいい物こそ私たちは“おいしい”と感じる」と考えています。

私たちの提供する味が、人々に喜びと親しみを提供する時、「どんどん」はその町の新たな食文化となります。

釜あげうどん

山口県萩市の2軒の契約農家のネギを中心に、熊本県八代産、山口県下関産のネギを使用しています。
出来るだけ新鮮なネギをお客様にお届けするために、毎日新しいネギが店舗に届けられています。

ねぎ